事務所案内

事業所概要 事業理念 所長メッセージ 記事紹介

所長メッセージ

誰かが私のことを評して「自由人」と言ってくれたことをうれしく思う。

高校時代(三重県伊勢市)は大学受験を優先し、「いかに生きるか」哲学する事は大学(大阪大学)に入ってからと先延ばしして、人並みの学生生活を過ごしているうちに4年生になった。 このまま就職することは自分を見失うと思った。
いつの間にか、沼田簿記教科書で通信教育をはじめ職業会計人の道を選択していた。 親に平身低頭し、学費仕送りをさらに1年お願いして上京して早稲田CPA研のお世話になった。 24歳でCPA2次試験に合格でき、アーサーアンダーセン会計事務所(東京)に就職した。 
監査業務2年、システムコンサルティング業務6年(この間シカゴで2年間滞在)を経てから外資系の会社に入社した。 経理部長職を3年経験した。 


自由人:長尾 久
妻の税理士試験合格を機に36歳で独立した。 家族や学生時代、CPA受験時代、AA時代の友人に恵まれ、その人脈から仕事も徐々に増えた。 東京(現在、中央区京橋)で開業してはや31年が経った。 その間、興味も手伝って自分自身でいろいろな仕事をした。 しかし、社会に対する洞察が不十分で戦略的なアプローチが出来なかったことを反省している。今後は、若い世代に経験を伝えるとともに、彼等のビジネス界での成功を応援していきたい。

 いろいろな仕事とは、時系列的に次のようになる。
@外資系会計ソフトの導入指導
AIBMオフコン、沖電気パソコンの販売代理店
B会計及び業務管理ソフトの開発及び導入
C損害保険及び生命保険の代理店
D給料計算など計算受託
EFP事業
F東南アジア進出日系企業の経理指導(巡回監査)等
G中国進出企業のコンサルティング等
 これらは、株式会社NACの業務である。

監査業務は非営利事業体(公益法人、宗教法人、学校法人、NPO等)の監査を主として実施している。監査契約ごとに友人の会計士から共同者及び補助者形式での応援を受けている。
会計事務所業務は@記帳代行A税務代理B会計及び税務顧問C商業登記である。 顧問先は非営利法人及び外資系会社の割合が大きい。 
 現在7名の人員(有資格者4名、専門スタッフ2名、パート1名)である。 
また、株式会社NACでは、業務の内容により外部の会計士及び専門家に応援を頼んでいる。 
東南アジア進出日系企業の経理指導(巡回監査)では、現地の法定業務はできないので現地の会計事務所を紹介し、顧問先に対してはコーディネーターとしてコンサルティング業務を提供している。 
独立後4年で大体現在の規模になり、その後は業務内容の充実とサービスの高付加価値化が計られた。 

 今後は、若い世代との協働(Cross Generation)と国際文化との融合(Cross Culture)をKeywordとして、ネットワーク(Communication)を構築し協働(Collaboration)により問題解決(Solution)に取り組みます。
伊勢プロジェクト(東海地区を拠点とする事業)は、この方針により進めます。4C Solution 事業と略称します。

@国際化対応業務の充実(東京及び名古屋及び三重地区でのINBOUND 及び OUTBOUND国際業務)
A中国及び東南アジア進出日系企業コンサルティング業務
B公会計監査(三重地区)
C地方活性化業務(中小企業振興、子育て支援)
D資産税(主として相続対策)業務
E事業承継及び合併・分割・営業譲渡などのコンサルティング業務

 今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
記事更新 2015.03.31


Copyright